こんにちは!三木市や加古川市をはじめとした兵庫県などの京阪神エリアの各地域で、施工を承っています、
有限会社シマダです。
有限会社シマダの主な業務は、各種左官です。

左官といえば、日本家屋や蔵、神社仏閣などの伝統的な場所でのみ必要とされているのだと思っておられる方も多いかもしれません。
そこで今回は、『現代に左官は必要なのか』というテーマを取り上げます。

一時衰退した歴史


伝統的な左官ですが、一時衰退した歴史があります。
効率化と低コストを第一に考えた外壁や内壁の新たな工法の台頭により、左官壁は一時衰退せざるえませんでした。

一般的な左官壁は、乾くまでの時間等を考慮するとどうしても工期が長くなりがちです。
効率的にいくつもの家を建築しようという観点から見ることで、左官のデメリットの部分だけが大きくクローズアップされる結果となったのでしょう。

そういった危機的状況に陥った左官ですが、現代ではその価値が見直されて、国内外からの注目を多く集めるまでになりました。

左官の価値とは?


左官の価値は、いくつかの観点から見直されてきました。
海外からの注目を集めるきっけけとなったのが、鏝絵と呼ばれる手法です。
鏝を用いたアートともいうべき鏝絵は、その芸術性を高く評価されています。

もうひとつの観点として、人や環境に優しい天然素材であるということが挙げられます。
左官に用いられる漆喰や珪藻土には、住環境を整える効果があります。

調湿効果、防カビ、脱臭、ホルムアルデビドの吸着などの優れた効能が広く知られるようになってきました。
そのため住宅内の内装壁などに活用したいという方が増えたのだと考えられます。

その他の観点として挙げられるのが、オリジナリティを実現できるデザイン性の高さです。
近年、洋風の家に左官壁を合わせるモダンな仕様が増えています。

従来までの日本家屋と左官壁という組み合わせではなく、異なるもの同士を掛け合わせることで生まれる斬新なデザインに注目が集まっています。
伝統と現代、どちらにも通ずる要素を兼ね備えた左官は、現代において必要とされる存在となのです。

ここまで、『現代に左官は必要なのか』というテーマを取り上げましたが、いかがでしたか?
これからも各種お役立ち情報をお伝えしていきます。

その道の“エキスパート”になりませんか?


左官の“エキスパート”になれる会社です!
左官職人として、その道の“エキスパート”を目指しませんか?
夢を夢のままにはせずに、左官職人を目指せる会社にぜひ飛び込んでください!

意欲・根気が応募条件です
応募条件は、「やりたい!」という意欲と根気です。
あなたの憧れや夢を徹底サポート!
左官職人の“エキスパート”として、生きていく道があります。
ぜひ求人情報ページからご応募ください。

左官のご相談なら有限会社シマダへ!

技を磨き続けてきた左官職人の“エキスパート”である有限会社シマダだからできる仕事があります。
どんなご要望にも、できる限り誠心・誠意ご対応いたします。
まずはお問い合わせください。

多数のご応募をお待ちしています!




左官工事は兵庫県加古川市の有限会社シマダ
ただいま業務拡大につき左官職人の求人募集中です。
〒675-0036 兵庫県加古川市加古川町西河原176ー1
TEL:079-421-0874 FAX:079-421-0906